SPFとPA

日焼け止めを選ぶ際にどれを選べばよいかということで多くの人が悩むものです。特に最近ではたくさんの商品が販売されていますから、価格帯や成分も様々でどのようなものが自分に合うかということがとても難しいです。日焼け止めは塗布することでのダメージも全くないわけではありません。肌質によっても負担も違ってきますから慎重に選ぶ必要があります。

まず、日焼け止めを選ぶ際に知っておくべきこととしてSPFとPAという表記の内容があります。これは使う場面や状況によって適したものが違うので使用場面を考えて選ぶことが必要です。

SPFというのは日焼けや肌への赤みの原因となると言われているUV⁻Bを防ぐ数値の大きさを示しています。一般的にSPFは1から50+まであり数値が大きいほど肌を保護することが期待できます。日常生活であればSPFは10程度でも問題ないですが、海水浴やマリンスポーツ、炎天下での活動の際には30から50程度のものを選ぶことが望ましいと言われています。

PAは肌を黒くする原因と言われているUV-Aを防ぐ数値の大きさを示しています。日光に当たったらわたしたちの肌は黒くなりますが、日焼け止めを塗らない状態と比べて肌が黒くなるまでの時間をどれだけ延ばせるかということを示しており、プラスの数が多いほどUV-Aを防ぐことが期待できます。現在PAは+から++++の四段階まであり、日常生活ならば+ひとつで十分ですが、炎天下で長時間活動する場合には++++のものが望ましいです。

メインメニュー

日焼け止めの必要性
SPFとPA
選ぶ際のポイント

サブメニュー

リンク集
サイトマップ