日焼け止めの必要性

日焼け止めは女性だけがつけるもの、夏だけつけるものという認識の人も少なくありません。しかし、最近ではそのようなことはなく小さな子供もつけていますし季節を問わず1年中つけることが定着しています。

日焼け止めを使う目的というのは紫外線から肌を守ることです。紫外線によって日焼けをすると色が黒くなるというだけでなく、肌はとても大きなダメージを受けています。ダメージによって肌にはシミやしわができるだけでなく、皮膚がんを引き起こす原因にもなってしまいます。若いうちは日焼けをしてもすぐに目に見える肌トラブルを感じることはあまりありません。しかし年齢を重ねるうちに少しずつダメージが蓄積していき加齢とともに姿を見せるようになり、目立つようになってきてからケアをしてもなかなか消えないのです。そこで、見えてからケアを始めるのではなく、その前から予防のためにケアをしておくことが重要なのです。

そして、紫外線のダメージというのはシミやしわといった肌トラブルだけではありません。紫外線を過度に浴びると免疫機能が低下する原因となります。夏の炎天下で日差しを浴びると疲れるのは免疫機能の低下も一因なのです。そこで、日焼けをした日には肌のケアをするだけでなくしっかりと睡眠をとったり栄養を摂ったりして体のケアもすることが必要になります。

日焼けは老化を促進したり皮膚がんの原因となったりもします。皮膚ばかりをケアする傾向がありますが、目も日焼けをしており紫外線による日焼けで目は白内障になりやすいという傾向もあります。このように日焼けをすることは美容に影響があるだけでなく、からだのいろいろな部分に影響を及ぼしていきます。そのため日焼け止めでの予防が必要なのです。

メインメニュー

日焼け止めの必要性
SPFとPA
選ぶ際のポイント

サブメニュー

リンク集
サイトマップ